banner

給与計算について

会社設立時の資本金と、借入金返済

みなさんは会社設立を新しく行うに当たって、最低でどれくらいの資金が必要であると思いますでしょうか。おそらくかなり大きめの金額を想像したことでしょう。しかし、実は会社設立は1円からできてしまうのです。

以前は有限会社を設立するのであれば300万円、株式会社を設立するのであれば1,000万円の資本金が最低でも必要でした。しかし、現在では制度の変更もあったことから、最低資本金に関する事項が撤廃となり、その結果1円から会社設立を行うことができるようになったのです。

ここまで聞くと、非常に気軽に会社設立を行うことが出来るので自分もやってみようかと考えてしまうかもしれません。しかし、この1円からという金額はあくまで理論上のものであり、現実的にはやはりお金がかかるのです。会社設立のためには設備投資なども必要になります。仮に自分ひとりで事業を行う場合でも、どんなに少なくともパソコンなどの設備と、事務所として使う場所の確保は必要でしょう。ですから、まったく元手のない状態からはじめるというのは、やはり現実的には不可能なのです。

会社を立ち上げる方のほとんどは、大きな設備投資を行うことが出来るだけの資金やその後実際に会社の経営が回っていくまでの運転資金を持ち合わせてはいません。ですから、銀行などの金融機関から開業資金としての名目で借金をして、それらの資金として充当していくのです。よって、会社設立直後はたいていの会社は借金を持ってスタートします。簡単に失敗するわけにはいかないのです。

もし、努力によって無事会社の経営が軌道に乗ったのであれば、それらの借金を先に返済してしまってもよいでしょう。利息負担が少なくなる分利益も上がり、内部留保も高まるために決算書上もかなりの優良企業の様相を呈するようになります。しかし、利益が上がるほど税金も高くなるのでその点だけは注意してください。場合によっては営業車などの経費を計上してあえて利益を減らしていくことも時には必要かもしれません。

会社設立というものはさまざまなことを考える必要があります。しかし、会社として動くには、何をするにも大きな金額がかかることが多いのです。ですから、会社の経営を金融機関とはきっても切れない仲にあるといってもよいでしょう。深い取引のある銀行を1行作っておくと、経営戦略などの相談も出来て便利な頼れる存在になるかもしれません。使えるものは何でも使って、会社の利益を伸ばしていきましょう。

Copyright(c) 2014 会社設立をするときに考えるべき設立後にすべきことAll Rights Reserved.