banner

どのような届出が必要か

会社設立と融資について

みなさんは今どのような仕事をしていますでしょうか。サラリーマンとして毎日忙しく仕事をこなす日々を送っている方が大半だと思います。しかし、もしみなさんが将来的に独立して、自分の会社を立ち上げて自らの意思のもと社員を雇い、経営することができたら、と考えたことはありませんでしょうか。もしそれを視野に入れることができるのであれば、みなさんの周辺環境は一変するでしょう。

まず、会社設立のために必要なことは登記をはじめとするさまざまな手続きです。法務局にお世話になりながら、会社としての業種などを登録し、正式に会社として認めてもらうための手続きを進めなければなりません。また、業種によっては大きな設備投資も必要なのではないでしょうか。

ITなどのさほど必要な設備が大きくないものでしたら、小さなオフィスを借りてそこにサーバーやマシンを設置するだけで始めることは可能ですが、場合によっては大きな金額が必要になる業種もあるでしょう。会社設立前には、これらの費用面のことをよく考えたうえで、実行に移す必要があります。

近年では制度が変わったため、資本金は1円から新しく会社設立を行うことができるようになりました。しかし、だからと言って設備投資の資金が不要になったというわけではありません。会社設立におけるハードルが下がっただけであり、事業を進めるためのハードルが下がったわけではないのです。ですから、資金調達の手段も考えなければならないでしょう。

その会社設立時の資金調達の手段としてもっとも有効なのが、やはり銀行から受ける融資なのではないでしょうか。銀行融資は開業資金という名目でまとまった資金をかしてくれますので、それを元手に事業を開始する方は大変多くいらっしゃいます。

むしろ、それを使用しないと開業できない、という方が圧倒的大多数なのです。ですので、はじめから無借金経営として事業をたちあげることができるのはほんの一部の方だけであり、あとはスタート時には借金を持ってスタートするのです。

もし会社が軌道に乗ってきたのであれば、それらの融資を先に返済してしまって、その後さらに貯めた内部留保を使って事業を拡大する方法もよいでしょう。しかし、事業拡大にはまたまとまったお金が必要なので、その時には再度借り入れを行うことも多いのではないでしょうか。会社設立と融資の関係は、切っても切り離せない間柄にあるといっても過言ではないでしょう。

Copyright(c) 2014 会社設立をするときに考えるべき設立後にすべきことAll Rights Reserved.